女性に多い冷え性の改善方法|冷え性の原因を知り体質改善を!

シニア

野菜不足解消

飲料

最も使われている野菜

「青汁」と一口に言っても、様々な種類があります。好みに合った青汁を選ぶポイントとして、原料で選ぶという方法があります。使用されている原料によって、含まれている栄養素や期待することが出来る効果などに違いがあります。青汁の原料として、最も一般的なものとしては、ケールがあります。これは、キャベツの原種であるとも言われている野菜であり、生命力の強い野菜としても知られています。ケールは他の野菜と比べて、栄養価が高いというメリットがありますが、独特の苦味や青臭さがあるため、飲みにくさを感じることがあります。ケールを原料としている青汁を飲む場合には、豆乳や牛乳、緑茶などに混ぜると独特の味を軽減させることが出来ますので、飲みやすくなります。

温めて飲もう

冷え性や便秘を解消するということを目的として青汁を摂取するのであれば、よもぎを原料としている青汁がおすすめです。ケールや大麦若葉などの一般的によく知られている青汁の原料と比べると、種類は少ないのですが、体を温める効果を期待することができ、以前からハーブの女王とも呼ばれています。冷え性に悩む人に特におすすめです。青汁を冷たい状態で飲むと、体の内側から冷えてしまいます。寒い時などには、温めて飲むようにしましょう。温めて飲んだ場合であっても、生野菜とは異なり、栄養価はそれほど下がるということはありません。ただし、作ってから時間を置いてしまうと、栄養素が壊れてしまいますので、作ったらすぐに飲むようにしましょう。